引っ越し業者に運んでもらえない荷物がある

荷物の大移動となる引っ越しでは、引っ越し業者に作業を依頼するのが一般的です。

 

素人では難しい大型の家具や家電の梱包、搬出、搬入、設置までしてもらえる強い味方です。

 

しかし、何でも運んでくれそうな引っ越し業者でも引き受けを拒否できる荷物があります。

 

偽って運んでもらって破損や紛失などがあっても補償対象外となるのはもちろん、逆にその破損が原因で作業員が怪我をした場合には賠償責任を負わされるケースもあるので注意しましょう。

 

 

引っ越し業者には運べないものがある

 

国土交通省の規定により引っ越し業者が引き受けを拒否してもいいとしている荷物は以下の通りです

 

「現金や貴重品、貴金属や宝石などの荷送人が携帯できるもの」「美術品や骨董品、楽器、植物、生き物、自動車、バイクなどの特別な管理と輸送技術が必要なもの」「火器類や危険物など他の荷物に損害を及ぼしそうなもの」です。

 

ただ、一概に引き受け不可能としているわけではなく、業者によっては輸送を引き受けている物もあります。

 

例えば、美術品、骨董品、生き物、植物、楽器、自動車、バイクなどならオプションとして追加費用を払うことで運んでもらうこともできます。

 

また、人も一緒には運べません。

 

向かう場所は同じなのだから一緒に連れて行ってほしいという人もいますが、事故の可能性を考えて同乗はさせてくれません。

 

稀に同乗させてくれる業者もありますが、万が一を想定して承諾を取られることになります。

 

この判断は業者ごとによるので事前に確認しておきましょう。

 

 

 

運べないなら自分で運ぶ

引っ越し業者に運んでもらえないなら自分で運ぶしかないので、それを踏まえて、見積もり段階で輸送可能かどうか確認しておきましょう

 

持ち運び可能な範囲のものなら自家用車があれば問題なく運べるでしょうが、そうでない場合は専門の輸送業者に依頼する方法があります。輸送専門業者は、大手輸送会社や輸送物限定の専門輸送業者が選べます。

 

慎重に運びたい美術品や骨董品や植物などは専門業者にお任せした方が安心かもしれません。また、ペットは公共機関を使って人間と一緒に移動できますが、周囲への配慮とペットへのストレスを考えれば、こちらも専門業者にお任せしたほうがいいでしょう。

 

 

 

引っ越しの損害保険

引っ越し業者は運送業者貨物賠償責任保険に加入しているため、万が一の破損や紛失でも補償してもらえます

 

大半の業者は加入していますが、中には加入していない業者もいるので、依頼する前に確認しておくことが大切です。補償範囲は業者に責任による破損や紛失に限り、補償上限金額は通常で1000万円までです。

 

また、業者の仲介で荷送人が加入する引っ越しの損害保険もあります。運送保険と言いますが、万が一の備えであり、高額な物を運ぶ方にすすめられています。こちらに加入することで骨董品などを運んでもらうことができるケースもあるようです。

 

保険料は1000円〜2000円程度、補償上限金額は通常で1000万円とされているので、加入しても大きな負担にはなりません。

引っ越し業者に運んでもらえない荷物がある

トップへ戻る