引っ越しの疑問記事一覧

引越し業者は家にあるすべての荷物を運んでくれるとはかぎりません。多くの引越し業者が対応してくれない種類の荷物があります。有価証券や宝石のような貴重品、火薬のような危険品や不潔なもの、ペットやピアノ、骨とう品、美術品のような特殊な管理が必要なものなどは、一般には引越し業者は運んでくれません。国土交通省が定め、多くの引越し業者が採用している「標準引越運送約款」にも、これらのような引き受けを拒絶すること...

貨物利用運送事業者は、一般の引越し業者とは少し毛色が異なる業者です。一般の引越し業者は、自社に運送用の自動車などを持ち、それを使って引越し業務を行います。このような業務形態を「一般貨物自動車運送事業」あるいは軽トラックを使う場合は「貨物軽自動車運送事業」と言います。一方、「貨物利用運送事業者」は、荷主つまり引越しの場合は引越しを行う人と契約し、荷物は自分では運ばずに自社以外の運送業者を利用して荷物...

引越しのオプションサービスにはいろいろなものがありますが、特に利用者が多いのは家具の配置です。家具の配置は、業者によっては無料なので、これらのサービスを頼みたい場合は、業者選定の際にこれらが無料なのか優良なのか確認した方が良いでしょう。引越しとは直接無関係ですが、家具の移動や配置は、引っ越し時でなくても引越し業者の業務になっていることがあります。また、引っ越しから一定期間ならば無料で家具の移動を請...

引越しの理由のうち、もっとも多いのが「住宅が主な理由」になっている場合です。国立社会保障・人口問題研究所の報告によると、「住宅を主とする理由」の移動が全体の約35%でもっとも多く、2位の「職業上の理由」の約14%を大きく引き離しています。住宅関連の引越しの場合、住宅の新築や買い替え、建て替えなどが含まれ、家族全員の引越しになることが多いのが特徴です。当然、荷物の量は多くなりますから、軽貨物引越し業...

軽貨物引越し業者は、大手の引越し業者や中堅引越し業者より、さらに規模の小さい業者です。大手や中堅の引越し業者は、「一般貨物自動車運送事業」を経営するために国土交通大臣の許可を受けなければなりませんが、軽貨物引越し業者はこれとは異なり、許可ではなく、「貨物軽自動車運送事業」を経営するための「届け出」をすればよいだけです。この種の業者は使用できる自動車が軽自動車またはオートバイに限られていますが、1台...

引っ越しの疑問

トップへ戻る