単身引っ越し記事一覧

入学・進学のための引越しは、単身でしかも荷物は少ないのが普通と思います。このような引越しの場合、引越し業者を頼まずに、自分で運んでも引越しできる場合があります。一度に運ぶのが無理でも、すぐに使うものを優先して運び、後日少しずつ物を運べば何とかなる場合もあります。あるいは引越し業者ではなく、宅配便で荷物を運んだ方が安く済む場合があります。自分ですべて運ぶことが無理な場合は、業者に頼む荷物を最小限度に...

単身での引越しは家族に比べると荷物が少なく、より安く引越しをすることができます。家族を持たない若い人であれば、荷物が少ないうえ、家族の中の他の人と日程や時間、役割分担などを調整する必要がないので、引越しは比較的楽です。このような方は、できるだけ安く済む軽貨物引越し業者で引越し可能かどうかまず検討するのが、原則となると思います。これは荷物の送料が350kgを超えないことが条件になります。引越し繁忙そ...

ここでい女性の引越しは、「単身の女性の引越し」ということになります。したがって単身の引越し同様に、荷物が少なく、特殊な荷物を運ぶ必要がないのであれば、軽貨物引越し業者でも良いのです。ただし、女性特有のデリケートの配慮が必要な場合も多いと思います。軽貨物引越し業者は個人営業の場合が多く、業者はほとんど男性なので、一人の男性と一緒に引越し作業をすることになります。これはなかなか抵抗がある方も多いと思い...

入社や転勤に伴う引越し、すなわち仕事上の理由による引越しは、だいたい20代の若いころと50代にピークがあります。前者は入社時、後者は転勤時のものが多いと考えて良いでしょう。どういうわけか、特に近年は、50代の男性の転勤による引越しが多いようです。これらの引越しの特徴は「時期を選べない」ことでしょう。引越しが多いのは3月中下旬から4月上旬で、この時期は引越し料金が高いのでできれば避けたいのですが、入...

単身引っ越し

トップへ戻る