引っ越しを安く行う上で、運ぶ荷物をできる限り抑えることが1つの方法になります。ご自身の生活に必要となるものに限定することで安く抑えることができるわけですが、とりわけシェアハウスに引っ越す場合には、共同利用できるアイテムや持ち込みができないものを事前にしっかり確認する必要があります。たとえば、キッチンは共同利用できるから冷蔵庫や電子レンジは不要というケース、コインランドリーや洗濯機があるので洗濯機は...

建て替えや増改築のためマイホームから一時的に転居しなければいけないケースがあります。家屋の全ての取り壊しや一部の取り壊しなどの場合には、荷物も全て持ち出す必要がありますが、家のリフォームや建て替えでお金がかかるときに、仮住まいに大きなお金をかけるわけにもいきません。また、お子さんがいる場合には学区内にある仮住まいがベストであり、賃貸住宅探しにも条件の制約があります。自宅から近くて家賃も安いところと...

誰でも引越しをするのはすごくテンションが上がるものです。特に、新築の一軒家や新築マンションに引っ越す場合、早く住みたいとほとんどの人が心待ちにしているでしょう。ただ、一軒家であれば問題ありませんが、新築マンションに引っ越す場合は注意すべき点があります。業者に依頼して引っ越しの当日に慌てることのないように、予めどういう事態が起こりやすいのか知っておきましょう。初日は他の人も引っ越しを行う可能性があり...

引っ越し料金の算定にあたっては、荷物の搬出入を行う建物にエレベーターが有るか無いかが大きく作業に影響を与えます。素人でも分かると思いますが、重量のある荷物を上の階から下の階へと搬出したり、下の階から上の階へと運び込むには階段よりエレベーターがあったほうが楽に決まっています。それはプロの作業でも同じであり、エレベータの有無で作業効率や作業負担に大きく影響があります。作業負担が大きく、作業効率が悪くな...

アパートやマンションなど共同住宅での引っ越しにあたっては、他の住人への配慮が求められます。引っ越し日が決まったら建物の大家さんや管理人さん、マンションの管理組合や管理会社などに連絡をしましょう。引っ越しの日時を伝えて、スムーズな作業ができるよう了解を得ておきます。分譲マンションにおいては、引っ越し作業をする場合には必ず届け出ることが規約で定められていたり、ルールになっていることがありますので、忘れ...

マンションからの引っ越しやマンションへの引っ越しなど、旧居または新居のいずれかや、両方がマンションである場合には引っ越し料金の算定にあたってマンション階数がポイントになります。階数が高く荷物の搬出入に手間がかかるほど、料金が高くなるのが基本です。特に築年数の古いマンションや、古い公団住宅や団地などでエレベーターが設置されておらず、階段のみの場合には階数が高くなるほど料金がアップします。もちろん、階...

いろいろな事情で転居する必要が出てきた際に、早く業者に予約しなければと焦る人もいるかもしれません。けれども業者に依頼するのは、ただ早ければ良いというものでもないのです。大きく2つの点において、決まっていなければ業者も見積りが立てれません。焦って依頼する前に、まずはきちんと把握しておくべき点を抑えておく必要があります。また業者によっては、転居予定日よりあまりにも前の場合は予約を受け付けていない所もあ...

引越の注意点

トップへ戻る